\消費者金融おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒でお金を借りたい」
「審査が甘いって本当?」

今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる大手消費者金融および中小消費者金融をご案内します。即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融ならスマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

中小消費者金融の基礎知識コラム


キャッシングをした後3ヶ月支払いが滞ってしまうと、裁判での手続きをしなければならなくなります。との文章が記載された書面が自宅に届きます。返済が滞っても、電話をかけてくるだけなので、つい無視をして返済を先延ばしにしてしまいます。しかし、書面に裁判をいう文字があると、恐ろしくなりそのまま無視はできません。カードローンの決め手となる目安は千差万別であるといえるでしょう。誰しも金利が気掛かりでしょうが、借入時や返済時になるべく手数料が必要ないATMの場所、それに、返済日には支払いが出来るよう給料日の後に調整するなど実用性に優れているだとか使い勝手を優先したりと選び方は様々です。金利だけに気がいって、自分にとって使いづらいカードローンだったと思わないように様々な角度から見て選びましょう。カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、収入が多かろうと少なかろうと、年収の3分の1の時点でそれを超えたお金を貸すことが出来ない、というのも収入額に見合わない負債を背負ったために起こる悲劇を未然に防ぐために定められた、総量を規制する法律があるからです。見落としがちなのは、それが持っているカードの総合計金額になることで、ローンカードやクレジットカードの全てを合わせた合計利用可能額が対象の法改正であり、これまで借りられた額が、グンと抑えられたことで生活の見直しが必要になります。考え方としては、カードローンを組もうとした時に、別のカードで既に50万円のローン返済が進行中だったら、定義された年収の3分の1の金額から、すでに借り入れ済みの50万円を差し引いた金額こそが、簡単に把握できることで、ローンやクレジットの知らぬ間の増大を防止する歯止め効果は大きいようです。生きていく上で生活から切り離せない金融機関では、さまざまな理由から利用限度額が違っており、個々の状況に応じたさまざまな融資の中には、たとえば500万円にもなる大口の融資であっても限度額内なら受けられる仕組みになっています。申し込み後すぐ融資してもらえる流れができていてどんなときもすぐに現金が手に入れられるので、たいへん重宝しているという人も多いはずです。借入先の機関が発行するカードを利用して借りるというのが一般的に選ばれる方法でしょう。キャッシングも自分に合ったものを見つける時代になりました。返済方法もボーナスやベアのない現代型雇用を冷静に見据えてか、リボ払いを選ぶ人が多いです。毎月の返済額をあらかじめ設定するので、家計に大きな影響を与えることなく返済できます。もちろんあとから繰上返済することも可能です。返済中に再度借り入れした場合にも返済額は不変なのでストレスがなく、結果的に延滞のリスクを回避できる点も利用者には好評です。得するカードローンの利用方法は、業者が設けている無利息期間サービスを利用しましょう。期間の長さはその業者によって変わってきますが、契約から30日間が大半で、返済するのを期間中にすれば気になる利息が掛かりません。サービス期間が過ぎてしまったとしても、それまでの利息がいっぺんに請求されることはありません。請求される利息はサービス期間を除いた日数分だけになります。大きな業者ではローンの契約を行える無人契約機と呼ばれる契約システムを多数設置していますね。この契約機では契約のほかに、ローン用のカードも手にすることができます。例えば、それ以外の方法で借入の契約をしてしまっていてもこの契約機でカードを受け取ることが可能です。家族に知られるのが困る人や、早くカードが欲しい人は契約機を利用しましょう。キャッシングで借り入れするときの金利は、申込から実際に融資を受けるまでにかかる時間や手間に準じた適用がされているのがよくわかります。わずか何十分のスピード審査や即日融資を謳っている会社より、審査に一週間くらいの時間を要するという金融機関のほうが、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。同じ会社でも条件違いで金利の差があったりしますから、そのときの状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。なにより自分に合っていることが大事なのです。キャッシングとひとまとめにしても借りづらさのあるキャッシングと借りにくくないキャッシングがあります。どちらにしても借りるなら借りやすい方を選びますよね。どのような所が簡単に借りられるかというと端的に言うことはできません。大手の銀行のカードローンも最近だと難なく借りられるようになっています。専門学校の寮にいた頃、ド貧乏を経験しました。1ヶ月分の学食チケット(3食?90日分)を失くしたんです。転売する奴がいるので紛失しても再発行は効きません。うちは学費を払うのでギリギリでしたし、週末だけのバイトではお金が足りず、カードローンやキャッシングで工面しようと考えつきました。でも、社会人でもないのにどこで借りられるかわからず、断られたら恥ずかしいというのもあって、借り入れしないで、母親に相談しました。考えてもみてください。返す気持ちはあるけど、見込みは全然ないのです。普通は借りれませんよね。いまだから言えることですが、若さゆえの無知や慎重さが役に立ったのでしょう。そのときは非力な気がしましたが、自分自身を知ることは大事だと思います。キャッシングを夫に秘密で行う方法もあるでしょう。カードの受け取りを自動契約機で行って、利用明細をインターネットで見るように設定すると、普通なら気付かれることはないと思います。バレないように気をつけて、早くどうにかすることも必要です。初めてアコムでお金を借りると最高30日間は利子がつかないそうです。たった今、あるサイトで確認してきました。それなら手持ちが少し不足した時に思ったより気楽に行えるように思います。私は今、家用の掃除機であるルンバが欲しいのですが、そのために活用しようかなと思いました。キャッシングとカードローンは似た感じでATMを利用した借入れができるので相違が見つけにくいですが、お金の返し方が異なっているのです。一括払いがキャッシングの基本で、カードローンは分割払いが当たり前とされています。ですが、ここ最近では中小消費者金融のキャッシングでも分割やリボ払いが選択できるところもありますので、きちんとした境界線が失われつつあります。消費者金融やカードローン会社などはとても数が多く、広告を見たことがあり心得ているという方も多くの数に達すると言っても良いでしょう。ただし、貸金業者のことを知ってはいても自分自身で貸金業者からの借金は未経験だという人ですと、複雑な金利計算について困ってしまうこともあるかと思います。キャッシング業者のウェブサイトを開いていただきますと本審査の前の簡易的な審査を試すことが出来たり返済していくにあたって大切なプランについてのシミュレートを楽々済ますことが可能なため頭を悩ますことはありません。とても簡単に借りられますが、支払いが遅れたのは一日だとしても、その遅滞期間に一日単位で遅延損害金といわれる金銭の支払いが生じます。年利が最大で20%の延滞金を払う義務を負うわけです。さらに、支払いが滞っていた期間に対した金利も同時に生じるので、長期にわたって遅延が続くようなら、多額の金銭を支払うことになってしまいます。どうしても遅延してしまったらなるべく早いうちに支払いを終えてください。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融おすすめ1位のプロミス