\消費者金融おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒でお金を借りたい」
「審査が甘いって本当?」

今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方にすぐに借りれる大手消費者金融および中小消費者金融をご案内します。即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融ならスマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

中小消費者金融の基礎知識コラム


一度に返済できるくらいの少額キャッシングなら、無利息期間が設けられているような金融業者を選んで利用してみるのが一番良いと思います。無利息期間内にまとめて返済が可能であるなら無駄な利息を払う必要は全くありませんので、このサービスを使えばとてもお得になります。一度に返済するのはちょっと…というような場合でも利息を払わなくてもいい期間があるところの方がお得に借りられるといったことも多いようなので、いろいろな視点で比べてみてから選びましょう。もしも、お金を貸せば、災難に巻き込まれることになるでしょう。名前を借りることだけでも避けるべきです。中小消費者金融のキャッシングの会社を利用する時に、自分の年収を証明する書類の提出を促されることもあるでしょう。提出後、さらに年収の3分の1が借りられる額の上限でしょう。そのため、さらにお金を借りたい人がやってしまうのが、自分以外の名前を借りて融資を受けることです。しかし、それはお金を借りるのと同じような事ですから、止めておいた方がいいでしょう。とりあえずお金が必要だからと、適当に業者を選ぶのは良くありません。まずは、いくつかのサービスを比較検討しておくのがおススメです。サービスによって、異なる利率が適応されていますし、対応したATMの数にも差があるでしょう。金利の比較はもちろん、借入返済手続きが楽にできるかどうかも、長期の利用においては気にしておきたいものです。申し込みを考えている金融業者のHPをチェックしたり、総合情報サイトで比較しておけば、希望に適したサービスに巡り合えるでしょう。審査が特に行われることなくカードローンが利用できることがありますけど、こんなことは不自然だと考えるべきです。借りる額が少額であっても、正規に登録のある業者ならば、審査を行わないということはありません。審査がないと明記されているのなら真っ当な業者ではないかもしれず、お金を借りてしまったら、揉め事が待ち受けているかもしれません。利用の仕方でカードローンでも得があります。それは無利息期間サービスをフルに活用しましょう。業者ごとに設けている期間は一律ではないですが、契約から30日間が大半で、この期間内であればいつ返済をしても利息0円で済ませられます。たとえ期間内に返済が済まなくても、期間内の利息は請求されません。利息が生じるのはサービス期間の後の日数分です。今キャッシングサービスを利用しているけれど、他の業者からも追加でお金を借りたいと考えたことはありませんか?しかし、他社のキャッシングサービスに契約の申請をした場合、以前の借入状況や返済履歴が要因で契約が成立しないことも珍しくありません。契約するキャッシング業者の数が増えると共に、審査に落ちる可能性が高くなります。総量規制に引っ掛っている場合もありますが、契約しているサービスの数が多い人ほど、返済能力を超える可能性が高いということで、評価が厳しくなっています。カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。厄介なのは限度額という決まりがあることで、無職であれば一家の収入の、職を持っていれば年間の収入の3分の1を超えることは許されない、法律で、上がり過ぎた借り入れの限度額を抑制するためです。カードの規制条件は、ローンカードだけのものではなくクレジットカードを含めたものなので、会社は色々あると思いますが、いくつ持っていたとしても利用可能額をを合計してその総額がということで、使える金額に影響が出ています。知っていても知らなくても、総額に影響はありませんが、把握しておくことが必要です。例えば、他の数枚のカードで合計50万円借りていて、一度も返済していない場合、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことでいつでも計算できるので安心ですね。自営業者などでは、この総量規制で資金繰りの苦労が増していますが、大きく借り越す心配はないので堅実にやっていく分には良い法律と言っていいかもしれません。サッと借りて簡単に返せるキャッシングは上手に使えば有難いものです。ただ、甘く見積もって利用していると、期日に返せない月が出てきたり、こんなはずではと思う羽目になります。あまり怖いことを言うつもりはありませんが、自分の収支というものを常に意識しつつ、自分のボーダーラインを守りながら利用する気持ちを忘れなければ、キャッシングの便利さがわかってくるでしょう。中小消費者金融のキャッシングをアコムで行う時は、初回申込みの方に限り、申請した日から最大で30日間は、無利息でご利用頂けます。スマホから簡単に申し込めるだけでなく、「アコムナビ」なら書類提出も簡単に済ませられ、さらに今いる場所から最寄のATMの場所を提示してくれます。月々の支払いはどうしたらいいか?といった具体的なプランも割り出せるので、見通しを持ってキャッシングを利用したい方にはお勧めです。キャッシングを複数社で利用する際には金額の総量が規制されるため、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから申し込むように気を付けましょう。なぜ総量規制を設けているのかというと、申し込む人が高額すぎるお金を返済能力をこえて借りすぎることを事前に防止するためで、その額は年収の額によって変わってきますから、自分がいくら借りているかを確認した上で判断する必要があるのです。必要なときにすぐ借りたいのが借金の本音だと思います。その点、カードローンは銀行ATMコーナーやコンビニに設置してあるATMでお金を借りられるなど、利便性が向上したと思います。あくまでも銀行ATMで、よく見ると使える会社一覧表にカード会社の名前も載っているくらいですから、周囲にバレる心配もなく、利用者にとっては嬉しいところです。ただ、お財布に入れてしまうと自分のお金と区別がつかないので、当初に予定していたより借入額が増えてしまいがちなのがある意味キケンかと思いますが、自分で決めた上限を守るようにしていれば、問題ないのではないでしょうか。結局は自己管理が大事なのです。消費者金融は現在まで使いたいと思ったことはありませんでした。お金を返済できなかった時にどうなるのか心配だし、不安でならないからです。他にも、延滞をしてしまった時に、利息も含めどれほどのペナルティがあるのか知らなかったためです。それゆえに、極力お金には余裕を持って使うことを心がけるようにしています。キャッシングを利用したいと決めた場合月の支払に対する返済方法がある程度決まっていたり、返済方法を自分の都合に合わせて色々と選択することがきでますが、利息を少しでも支払たくないのであれば、できるだけ短い期間の間で返済できる方法を選択する方が、利息のことを重点的に考えるのであればあまり損をせずに済みます。短期間で返済できるのであれば、努力すればするほど次回利用するときにも審査時間が短くなる場合もあり、借り入れがさらにしやすくなります。手間も無く借りれるものの、たかが一日と支払いが遅れてしまうと、遅延期間の日数だけ遅延損害金が発生します。一番多い年利では20%にもなる延滞金を支払わねばならないのです。加えて、この期間に応じた金利も一日単位で同時に発生するので、その期間が延びれば延びるほどに、多額の金銭を支払うことになってしまいます。もしも遅延してしまったら出来るだけ早く支払えるようにしましょう。ある程度まとまった金額を用意しようと思った時に多くの人は、キャッシングの利用を考えるのではないでしょうか。多くのキャッシングサービスがあるので、目先の借入金だけでなく返済計画を立てた上で、都合の良いサービスを選ぶようにしましょう。インターネットを使えば、ニーズに沿ったサービスを選べます。とくに、申し込みから融資まで時間がかからないのがオンラインキャッシュサービスで、朝に申し込んでおくと当日中にお金を手に入れることができます。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融おすすめ1位のプロミス